モノを捨てる基準(中級)「あるに越したことない」で残していませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全3回、モノを捨てる時の基準についての中級編です。前回は「いつか使うかもしれないモノ」について断捨離する方法をお伝えしました。

大事なモノを掃除しようと思うと、最初は誰もが捨てられない気持ちになってしまいます。しかし、考え方を少し変えてみるだけでモノに対する見方は180度変わって見えます。

今回は、片づけるときに目を落としがちなモノの断捨離術について解説いたします。

スポンサードリンク

「なくても暮らしていけるモノ」明確にして、捨て方を身につけましょう

「あるに越したことはない」で残していませんか?

「これ、必要と言えば必要だよな~」と考えたあなた、少し待ってください。あなたの心の中で、今のモノを妥協して使っていませんか?

あなたが本当にワクワクするようなモノを持っているのであれば、「あるに越したことはない」ではなく「これがなきゃヤダ!」と思うはず。

あるに越したことはないモノは、見方を変えれば「なくても別に困らないモノ」なのです。

なくても意外と何とかなる

だからこそ、こう考えてみるのがおススメです。「なくても、意外と何とかなるんじゃないかな?」と1度考えてみましょう。

実際、なくても意外と何とかなるものです。むしろ断捨離したからこそ出会えた、たくさんの新しい発見が楽しみになりました。

モノを持っているからこそ、あなたの中に不足感が出てきてしまうのです。ややこしいですが、不足感を感じない1番の秘訣は、自分から減らすことなんです。

捨てると困るものについては取っておいてOK

とはいえ、何でもかんでも無条件に捨てる必要はありません。捨てると困るモノ(印鑑や大事な書類など)や、ワクワク感が少なからずあるモノなどには、捨てないという選択肢を用意してあげましょう。

今捨てることができなくても、次に断捨離を実践する機会があった時に見直すことができるので取っておいて大丈夫ですよ。

まとめ

モノを持っている時間が長いと、それを大事なモノだと思ってしまいがちですが、必ずしもそうとは限りません。普段あまり注目してこなかった時計や家具、真冬の防寒グッズなどに目を向けてみると意外と多くのモノを「あるに越したことない」目線で見ていることに気づきます。

それらを少しずつ減らしていくことで、毎日が断捨離に近づいていきます。

最後に

最近、たくさんの方に応援してくださったこともあり、徐々にブログランキングでも好評をいただくことができました。

応援してくださるみなさま、本当にありがとうございます。始めて間もなく、バタバタしつつ更新しておりますが、こうして実際に応援してくださる方がいることがわかると大きな励みになります。

これからも多くの方にとってお役に立てるように記事をお届けしていければ何よりの幸せです。

ほんの1分で完了しますので、ぽちぽちとクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  

 

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

また次回、お目にかかります!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読いただけます

スポンサードリンク



コメントを残す

*

CAPTCHA