2017年 5月 の投稿一覧

帰宅後10分で掃除できる、迷わず簡単にモノを捨てる方法

掃除を簡単に終わらせる方法

毎日モノを捨てる習慣ができれば、休日にまとめて掃除をする必要もありませんし、毎日スッキリした空間で過ごすことができます。

しかし実際には、モノを毎日整理しようと思い立っても、規則的に帰宅ができず夜遅くなった日をキッカケにモノがたまりはじめ、気が付けばこの間掃除をする前と同じ状態に。

日頃から周りを清潔に保ちたいと思いつつも、家に帰ってからはなるべくゆっくりとリラックスしたいですよね。

そこで今回は、帰宅直後にもできる、迷わず10分でモノを断捨離する方法をご紹介します。

続きを読む

気分転換には「花」が最適な3つの理由

気分転換にはお花が最適。断捨離も捗ります。

祝日もなく梅雨でじめじめしている印象の6月は、どこか気分がどんよりしがちです。

そんな時には外から新しいモノを取り入れることが最適な方法です。

手軽にできる方法は、お花を家に飾るという方法。お花には気分をスッキリさせる効果があり、活けるプロセスには断捨離の考え方にも通ずるものがあります。

しかし生け花を始めるには、お花に詳しい人が実践している印象から、どこか難しいイメージがありますよね。

そこで今回は、お花を飾るメリットに加えて、飾る時のポイントについてもご紹介します。

続きを読む

断捨離を日常に活かすコツは「1歩進んで2歩下がる」

断捨離を生活に活かすコツ

断捨離を日常に活かす上での合言葉は「1歩進んで2歩下がる」です。

私たちはつい、部屋の周りを「明らかにいらないモノ」や「いつか必要になるかもしれないモノ」でいっぱいにしてしまいがちです。

特に、平日に外出されることが多い方はまとめて捨てる時間を作りづらく、気がつけばこの前キレイにしたはずのテーブルの上がごちゃごちゃ・・・なんてことも少なくありません。

しかし日頃から「1歩進んで2歩下がる」の合言葉を唱えることができれば、日常的に断捨離を進めていくコツになります。

またこのコツは、ミニマリストの方々に共通する考え方にも繋がっています。

この合言葉が何を意味しているのか、またなぜ断捨離に活きるのかについて解説します。

 

続きを読む

水回りに清潔感をもたらすたった1つの簡単な方法

キッチンや洗面所、トイレに清潔感を出すためにはどうしたらいいでしょう?

水回りは梅雨の時期には特にこまめな掃除が必要で、定期的にキレイにしたいと思いますよね。さらに言えば、頻繁に使う空間だからこそ、スッキリ気持ちよく使いたいと思う方も多くいらっしゃるはずです。

その時、水回りのある部分を変えるだけで、簡単に空間に統一感が生まれ清潔感のある空間に生まれ変わります。導入が簡単で断捨離の暮らしとも相性のよい方法をご紹介いたします。

続きを読む

家に置きっぱなしのモノにはお金がかかっている

家に置きっぱなしのモノには、実は隠れたコストが発生していることはご存知でしょうか?

「持っておくに越したことない」と思って取って置いたままにしておけば、使うときに買いなおす必要がないからお得と思うかもしれませんが、実際はその逆です。

いったいどのようなコストがかかっていて、どのように考えればいいかについて解説します。

続きを読む

断捨離を始めるコツ~順番を決める~

断捨離を始める順番

断捨離を初めて実践す時に役に立つ、断捨離を始める順番をお伝えします。

主婦の方々を中心に、シンプルな暮らしを追究する断捨離が注目されていますが、実際に始めようとするときにどこから始めたらいいかわからないですよね。

しかし、断捨離の順番さえ知っておくことで、気軽に実践することができます。

今回は断捨離を始める上で、なぜ順番が大切なのか、そしてどこから取り組むべきかについて解説していきます。

また、実際に取り組む際はこちらの記事(「掃除や片付けのやる気を上げる秘訣とは」)も合わせてご覧いただくと、断捨離を一層始めやすくなるかと思います。

続きを読む

早起きのツボを押さえて簡単に習慣化させるシンプルな方法

【この記事は「10分」で読むことができます】

早起きを習慣にして、毎日スッキリ感と共に1日をスタートさせるための方法を解説いたします。

あなたに限らず、早起きは多くの方にとって理想の習慣であり、なおかつ多くの方が目指しつつも実現しづらい習慣なのが現状です。

しかし、早起きが習慣になったら毎日が気持ちいいですよね。早起きができると、まさに理想の1日がスタートした気分になれます。鳥たちのさえずりと共に目覚め、澄んだ空気を肌で感じ、自分が好きなコトだけに集中できる・・・そんな風に1日をはじめられたら、毎日心が弾みますよね。

実は早起きは、「目覚める」ステップと「起き上がる」ステップを押さえれば簡単に実践することが可能です。

この2つのツボを押さえて簡単に早起きを習慣に変える方法をご紹介します。

続きを読む